ライブ配信・撮影・映像制作 創業40年 ビデオ工房名古屋

愛知県名古屋の映像制作会社 記録撮影・ライブ配信・ブライダル映像・ダビングサービス・映像編集など、創業40年超の老舗映像会社

トラブルシューティング

カメラバッグの備品について


カメラバッグにはレンズクリーナーなどの備品が入っています。
クリーナー以外の備品は主にカメラバッグの側面のポケットに入っています。
自由に使ってください、また使用後は必ず元に戻しましょう。
備品には「レンズクリーナー」「予備のSDカード」「予備のカードリーダー」があります。
写真のものとメーカーなど種類が異なる場合があります。
用意したものに不備があった場合はこちらのものを使ってください。
予備のSDカードを使用した場合は必ず会社に報告をお願いします。

SDカードのフォーマット方法


・ビデオカメラ SONY HXR-NX100の場合
ビデオカメラの電源を入れます。
カメラ上部にある「MENU」ボタンを押します。
ディスプレイにメニューが表示されるので項目の一番下の「その他」に選択を合わせて「SET」を押します。
「その他」の中の項目を選べる様になるので下の方にある「メディア初期化」を選択を合わせて「SET」を押します。
「メモリーカードA」「メモリーカードB」が表示されますので
フォーマットしたいカードが入っているスロットを選んでフォーマットします。

オーディオメーターが振っていない場合について


・ビデオカメラ SONY HXR-NX100の場合
ビデオカメラの電源を入れてマイクに向かって声を出したり指で触ってみます。
その際にディスプレイの右下にあるオーディオメーターが
CH1,CH2共に反応していればマイクに音が入っている事が確認できます。
声を出したりマイクをさわっても何もメーターが振ってない場合はマイクに音が入っていません。
このまま撮影をすると音が録れていない状態になってしまいます。
音が入らない原因の1つにガンマイクの差込口を間違えている場合があります。
マイクのケーブルが「INPUT1」に刺さっているか確認しましょう。
「INPUT1」に刺さっていても反応しない場合はカメラ側の設定が間違っている場合があります。

カメラ側部にあるフタをあけ「INPUT1」と表記されている下のスイッチに
「LINE」「MIC」「MIC +48V」の3つの項目があるのでここの切り替えが「MIC +48V」になっているか確認してください。
ここが違うと接続したガンマイクが反応しません。
またその2つ右隣りの「AUTO」「MAN」のスイッチは基本的に「AUTO」を選んでおきます。
ここまでの設定を確認してもマイクが反応しない場合はマイクが故障している可能性があります。
その場合、ビデオカメラの内臓マイクを使用します。
内蔵マイクへの切り替え方は先ほどのカメラ側部の「INPUT1」の右隣りのスイッチで
「INT MIC」「EXT」「MI SHOE」を切り替えるものがあるので
その中から「INT MIC」に切り替えます。
これでビデオカメラの内臓マイクで音を撮る事ができます。
またその場合は「INPUT2」の方も「INT MIC」に切り替えるとCH1,CH2が共に内蔵マイクの音を収録します。
※内臓マイクはガンマイクよりも全体的な音を拾ってしまうのでノイズなど意図しない音を拾いやすい傾向があるので注意しましょう。

オーディオメーターは振っているけどCH1しか振っていない場合は
カメラの「設定」を変更する必要があります。
カメラ上部の「MENU」を押します。
メニュー項目から「音声設定」に合わせて「SET」を押します。
音声設定の項目から「XLR設定」に合わせて「SET」を押します。
XLR設定の項目が表示されるので一番上の「入力CH設定」に合わせて「SET」を押します。
「INPUT1/INPUT1」と「INPUT1/INPUT2」があるので「INPUT1/INPUT1」を選択します。
これでCH1とCH2のオーディオメーターが振る様になったと思います。

カメラの手ブレ補正の設定について


・ビデオカメラ SONY HXR-NX100の場合
手ぶれ補正の状態はカメラの電源を入れてディスプレイの左下にある
手のアイコンで手ブレ補正の状態を確認できます。
手ブレ補正には種類がありエンドロールでは「アクティブ」がおススメです。
手ブレ補正の設定はカメラ上部の「MENU」から変更できます。
メニューの一番上の「カメラ設定」に合わせて「SET」を押します。
カメラ設定のメニューの中に「手ブレ補正」という項目があるので合わせて「SET」を押します。
「スタンダード」「アクティブ」「切」があるので「アクティブ」を選びます。
※三脚などを利用する場合は「スタンダード」の設定が良い時もあります。

タイムコードのリセットについて


実際の撮影をする前にはタイムコードをリセットしておきましょう。
カメラ上部の「MENU」を押してメニュー画面を開きます。
メニューから「TC/UB設定」に合わせて「SET」を押します。
「TC/BU設定」の中の「TC PRESET」の項目に合わせて「SET」を押します。
「プリセット」「リセット」があるので「リセット」の項目で「SET」を押すとタイムコードをリセットする事ができます。