360℃撮影ができるカメラ

松岡です。
久しぶりの投稿になってしまいました。
もう2月も最終日、
今月は腰痛に腰痛を重ねて生き抜けないんじゃないかって思っていました。

さて、映像業界は日々進歩というか変革がありまして、
やはりここ最近は「VR」という技術は目を見張りますね!
ただ、まだまだ黎明期ではありますので、
ここから作り手の試行錯誤が始まる、と。

そんな中、1年以上も前に作られたAwesome city clubのMVです。
早いですよね…さすがです。

今のところ仕事として本格的にVRをやっていく予定ではないのですが、
個人的にアイデアというか研究はしていきたいと思っていまして、
とりあえず安いカメラなのですが、
「RICHO THETA SC」という360℃撮影ができるものを買ってみました。

結構、撮れる映像が面白いんですよね。
どうしても画質の荒さは気になってしまいますが、
性能については今後の機種が改善してくれると思います。
また、他の会社からは4K画質で360℃撮影ができるものも出ています。

ドローンが出たり、こういうカメラが出たり、
映像業界はついていくだけで大変ですが面白いですね。

「何かを見てるときは、それ以外を見てないとき」と、
大学の講義で言っていた気がします。
時代というか技術が変わると概念も変わっていくみたいです。

About the author: matsuoka